大富豪の起業術

本書における著者マイケル・マスターソンの最も大きな発見は、
ビジネスには年商規模ごとに以下の4つのステージがあり、
そのステージごとに注意すべきことや集中すべきことが違う、
と気づいたことです。

ステージ1:幼児期 年商ゼロから1億円
ステージ2:少年期 年商1億から10億円
ステージ3:青年期 年商10億円から50億円
ステージ4:成人期 年商50億円以上

そしてこの「年商規模ごとにフォーカスするところが違う」
という発見が正しいということは、著者自身や著者の
クライアントの実際のビジネスの現場で、繰り返し証明されています。

つまり、これからあなたが本書で知ることは
すでに多くの起業家が実証済みの事実だということです。

目次

PART1 自分の可能性に挑戦する
 序章 この世で最高の仕事
 1 次のレベルに達するには
 2 なぜ従業員規模が重要か
 3 5つの才能を兼ね備えたビジネスの天才になる

PART2 ステージ1 幼児期
 4 販売の重要性
 5 OSS(最適販売戦略)と初めての商品を売るための4つの基本的な秘訣
 6 キャッチコピーの達人になる
 7 ステージ1 の段階で次に優先すべきこと
 8 ステージ1の起業家が遭遇する問題、課題、チャンスのおさらい

PART3 ステージ2 少年期
 9 100万ドルから1000万ドル以上へ
 10 イノベーション──ステージ2 の成長の鍵
 11 スピード 「構え、撃て、狙え」を事業に導入する
 12 構える
 13 何を待っているのか? 早く撃ち始めよう!
 14 商品の狙いを定める
 15 マーケティングの狙いを定める(パート1)短期集中コース
 16 マーケティングの狙いを定める(パート2)買いたいという情熱を理解する
 17 「 構え、撃て、狙え」方式で、始め!
 18 ステージ2で経営者が直面する困難、課題、そしてチャンス──復習編

PART4 ステージ3 青年期
 19 ステージ3への転換
 20 大企業トップへの変身
 21 ステージ3 の事業に優秀な人材をそろえよう
 22 ボトルネック・官僚主義・政治的駆け引き
 23 ステージ3で経営者が直面する困難、課題、そしてチャンス──復習編
 24 最後のビッグチャンス
 25 自分の会社の主要投資家になる

著者紹介

マイケル・マスターソン

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実積を誇るスーパー起業家。

その事業構築手腕は多くの起業家、マーケッターから高く評価され、推薦文等を書くことがないジェイ・エイブラハムが本書に序文を寄稿するほど。

コンサルタントとしての経験も豊富で、情報出版、投資アドバイス、健康・栄養、バー、レストラン、店舗用家具、美術品販売、塗装、大工、プール建設、広報、キャリア開発、 宝飾品、香水・化粧品、装身具、ベビー用品、カセットテープ講座、雑誌、ニュースレター、本、不動産開発、賃貸不動産管理、スポーツ・フィットネスなど数々のプロジェクトを 成功に導いている。45万人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」の発行人でもある。

屁理屈無し 社長のための時間の使い方

この本は、机にかじりつきっぱなしの人や、
たったひとつの仕事しかしていない人のための、
ごくごくありふれた時間管理法について書かれたものではありません。

何足ものわらじを履き、創意にあふれた
エネルギッシュな経営者に向けた特別な本なのです。

 


そうした経営者は、自分の肩に責任がどんどんのしかかってくるのを断ることができず、活用できる時間とリソースにやりくりに大変苦労しています。

すでにおわかりのように、
時間はどんな起業家や経営者ももっている最も貴重な資産です。

問題解決のための時間。
開発し、創造し、考え、計画するための時間。
情報を収集し、活用するための時間。
売り上げを伸ばし、マーケティングを発展させ、
マネジメントを構築し、収益を大幅に増やすための時間。
ネットワークづくりのための時間。

挙げていけばきりがありません。
「あともう1時間費やすことができれば、この事業の売上は大きく違ってくるはずなのに」、 そんな一人言を言わない日は、おそらく1日たりともないでしょう。

ならば、本書はその1時間をあなたに与えます。
ただし本書を読んで時間を手に入れる作業は、
単にどこかから余分な時間を1時間ひねり出す時間節約術よりも、
もっと価値のある作業だと言えます。

人生において、あなたと時間との関係全体を
徹底的に再設計することができるのです。

著者であるダン・ケネディは35年の経営者人生の中で、
ビジネスを始め、買収し、発展させ、売り、成功し、
失敗し、一時は無一文になり、その後大変な金持ちになりました。
そして今では数百もの異なる分野のクライアントに力を貸しています。

彼が最終的に起業家として成功を収めた唯一で最大の秘密、
それが、経営者として正しい時間の使い方を知っていたということです。

本書には、個人として最高の生産性を達成するためのあらゆることについて書かれていますが、
時間の管理についてただ考えるだけでも、経営者として大きく一歩踏み出すことになるでしょう。
なぜなら時間感覚に対する「自覚」が備わってくるからです。

どうしてカジノには大きな壁掛け時計がないかご存知ですか?
あれは、あなたからお金を盗ろうとする人々が、
あなたに時間が過ぎたことに気づいて欲しくないからなのです。
しかし時間の経過はいつだってはっきりと認識していなければいけません。

多忙な経営者であればなおさらです。
本書にはまさに、そんな忙しい経営者がスケジュールになんとか余裕を作り、
他の人々に協力させ、毎日ほんの少しの時間を捻出するためにはどうすればいいのか?
そのために必要な具体的戦略、手順、ツールが記されています。

目次

第1章 時間をお金に変える方法
第2章 あなたの時間は常に狙われている
第3章 生産的活動を邪魔されないために
第4章 ”規律”が人生の成功・失敗を決める
第5章 あなたを負け知らずにする魔法の力
第6章 価値ある10の時間管理テクニック
第7章 時間を豊かさに変える方法
第8章 出張が待ち遠しくなる、「移動時間」の過ごし方
第9章 情報の雪崩にどう対処するか
第10章 自分をクビにすれば人生はもっと楽しい
第11章 生産的活動のためのヒントとアイディア
第12章 生産性を最高にするための心理ゲーム
第13章 1年たってもあなたが進歩しない理由
第14章 生産的活動を最高にあげるQ&A

著者紹介

ダン・ケネディ

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

講演家としては、9年連続で、20~27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)

彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。

コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

何をつくりだすのか。どのようにするのか。

PDC-カラー_レイアウト-2企業研修講師として、お客様の要望を組み入れ、あるいは潜在的なニーズを掘り起こしながらプログラムをご提案するプロセスで、このテーマについて考えることが、しばしばあります。

私は、前職では、研修会社の営業さんにお会いして、担当いただく講師のプロフィールを見たり、プログラムを「決める」側の立場にいましたから、尚更です。

お客様(事務局サイド)で「何をつくりだしたいのか」=“ What ”が明確であればあるほど、エッジの効いたプログラムになる可能性が高いですね。会話した細かいニュアンスなども鑑みて、“ What ”がブレないプログラムが出来上がります。

逆に、そこがあいまいで「どのようにするのか」=“ How ”ばかりに焦点が集まってしまうと、うまくいかないリスクが高まります。

これは実際にあった話ですが、打ち合わせの場を持って、お客様が考える“ What ”やその他のご要望を事前にお聞きしました。それを元に組み立てたプログラムに合意いただいたため、準備を進めたのですが、後になって「すみませんが、こんな感じでやってくれませんか?」と、まったく別のプログラム・アジェンダをお客様から提示されたのです。いろいろと事情があるらしく、こちらも何とかしたあげたい気持ちはあったのですが、プロとしてクオリティを担保できないんですね。残念でしたが、その案件は辞退させていただくことになりました。

“ What ”と“ How ”、研修だけでなく、あらゆる仕事においても、特に“ What ”を明確にして成果を生み出すアイデアにつなげたいものです。

わかりやすく伝える

PDC-カラー_レイアウト-2「あの~ぉ…ですねぇ…その~ぉ…つまり…なんかこう~ぅ、どこまで話しましたっけ…」

う~ぅ…自分で書いておきながら、少しイラついてきました…(笑)

ビジネスパーソンにとって、わかりやすく端的に伝えるって、とても大切なことですね。

『結論を先に』とか、『5W1H(あるいは5W3H)を明確に』とか…“鉄板”のポイントはいくつかありますね。

“要するに何が言いたいんだっ!”って言われないためにも、端的に説明できたほうがいいですよね。

また、偉いさんは、アポをきちんと入れておいたとしても、緊急事態などで途中でいなくなってしまうこともありますから、やはり伝えたい『結論』を最初に話した方がいいと思います。

ただ、お客様の要望に答えられないことを伝えなければならないシーンなどでは、敢えてプロセスを先に話して、結論を後に…あるいはNGであることを少しづつ匂わせながら気持ちの準備をしてもらうこともありますけどね。

私は仕事柄、人前で話す機会が多いですが、やはりPREP法やホールパート法はおすすめのフレームです。

仕事のモチベーション

PDC-カラー_レイアウト-2仕事への情熱、やる気、モチベーションって大事ですよね。『仕事にモチベーションは必要ない』というご意見を、以前どこかで見たような気がしますが、自身の役割をしっかりと自覚し、プロとしてやるべきことをやる・・・そもそもこれができている人って、いわゆる“モチベーションが高い”状態に近いんじゃないか…と私は思っています。どのレベルに合わせて、どのように解釈するかによって、表現は変わってくるんでしょうね。職場には様々な人がいますから、みんながみんなそうかというと決してそうとは言いきれないケースもあるんじゃないかと・・・。

仕事の側面でやる気に直結しやすいのが内的報酬、すなわち“成長している・前進している”と実感できることや“誰かのためになっている・お役に立てている”と感じられる貢献感などがとても重要になってきます。

自分自身にとっても大切なことですけど、リーダークラスであれば、いかに上記を部下・後輩に体感させられるかがポイントになってきますね。

創立二周年を迎えました

今日7月1日は、パフォーマンス@デザインの創立記念日です。おかげさまで二周年を迎えることができました。予想を超える様々なオファーをいただき、全国を飛び回っています。これも日頃から支えていただいているみなさまのおかげです。心から感謝しています。ありがとうございます。

am900_bi078

この一年間のトピックスは、従来からのマネジメント、リーダーシップ、コミュニケーションなどを軸にしたリーダー向けトレーニングに加えて、戦略策定やファシリテーション、営業職向けの交渉力、プレゼンテーションなどテーマ別のトレーニングを実施させていただく機会が多くありました。

受講いただいた方からの声で比較的多いのは、

「単なるスキルではなく実務体験に基づいたコメントが参考になる。」
「“実践”する場面が多いので、職場に戻ってからもすぐに使える。」

といったコメントです。「“実務適用”にこだわり続けてきたスタンスが評価されたのかな」と考えると、とても嬉しく思います。

一方、チームコーチングの活動も本格的にスタートしました。集まったメンバーが“真のチーム”になるプロセスをリードしていると、こちらまでワクワクしてきます。

さて、三年目。どのような成果をみなさまと一緒に創り上げるでしょうか。

 

 

対話に『構造』を創り出す

構造的に対話することは、ビジネスコーチングの要です。

相手に何が起きているのかを、五感をフルに働かせてキャリブレーションする。そして、適切なフレームをベースに対話をリードします。

クライアントが話す内容は、とっ散らかって当たり前。。。なので、フレームワークが重要になるんです。

今、相手が話してるのは何の話か・・・話している内容、つまりコンテンツを個々のフレームに入れながら進めます。

これって、部下育成においても重要なんですよね。

話している内容が堂々巡りで、時間だけは過ぎていくのに今後の方向性がまったく見えない・・・なんてことはなくなります。

トレーニングでお会いするみなさまには(テーマにもよりますが…)、実際にフレームワークを体感いただくことで、そのメリットをご理解いただいています。

“目標” その先にあるもの

今月、あるいは今期、今年度…ビジネスパーソンは『目標』を掲げて、仕事に取り組んでいると思います。例えば、営業職では、「成約○件」「売上○○○万円」「粗利益○%」といったように定量的にセットしますよね。

am500_pl074

目標を達成することは、とても大事なことなのですが、忘れてはならないのが、『何のための目標か』ということです。言い換えると『仕事の意義』そのものでしょうか。

目標を達成し続けた時に私たちが手に入れるものは何なのか。自分自身やチームは?お客様はどうなっている?家族にとっては?など…明確にイメージ出来れば出来るほど、推進力が増しますよね。

私も時々立ち止まって、考えています。

ワードプレス

お気づきの方も多いと思いますが、このホームページは、WordPressを使って作成しています。

プラグインが充実していて楽しいですね。

私が重宝しているのが、「TinyMCE Advanced」というプラグインです(…っていうほど、最近書き込みしていなかったですけど・・・ ^^ゞ)。

WordPressにデフォルトで搭載されている場合もあるそうですが、私は新規でインストールしました。

こんな感じで・・・

「TinyMCE Advanced」画面

 

フォントファミリーやサイズがWordPress上で簡単に選択できてしまいます。

2014年8月1日 | カテゴリー : HP・Web | 投稿者 : admin

ポジティブ・ワードの効果

人は、日頃から使っている言葉の影響をかなり受けていますよね。ネガティブな言葉をよく使う人は、振る舞いもどこかネガティブ…。あるいは、ここぞというときにアクションにつながらない。

私が勝手に決めつけている三大ネガティブワードは “苦手” “できない” そして、“むずかしい”

私は、いつの頃からか『苦手』という言葉を使わない、と自分にコミットして生きてきました。一旦、使わない(!)と決めるとなんとかなるもんですね。今まで「~が苦手で…」と表現していたことを、どう言おうかと考え出すわけです。

「もっと良くなれる…」「まだまだ伸びしろがある…」などなど。ちょっとした表現の違いですけど、表現を変えるだけで、なんというか“取り組む意欲”のようなものが出てくるのが不思議です。

ですので、個人でも組織の目標設定や標語なども、できるだけ肯定的な表現にしたいものですね。

「~をしない」「~を止める」などの表現は、意識レベルではわかっていても、無意識はネガティブな方向に向かっていくような気がします。