創立二周年を迎えました

今日7月1日は、パフォーマンス@デザインの創立記念日です。おかげさまで二周年を迎えることができました。予想を超える様々なオファーをいただき、全国を飛び回っています。これも日頃から支えていただいているみなさまのおかげです。心から感謝しています。ありがとうございます。

am900_bi078

この一年間のトピックスは、従来からのマネジメント、リーダーシップ、コミュニケーションなどを軸にしたリーダー向けトレーニングに加えて、戦略策定やファシリテーション、営業職向けの交渉力、プレゼンテーションなどテーマ別のトレーニングを実施させていただく機会が多くありました。

受講いただいた方からの声で比較的多いのは、

「単なるスキルではなく実務体験に基づいたコメントが参考になる。」
「“実践”する場面が多いので、職場に戻ってからもすぐに使える。」

といったコメントです。「“実務適用”にこだわり続けてきたスタンスが評価されたのかな」と考えると、とても嬉しく思います。

一方、チームコーチングの活動も本格的にスタートしました。集まったメンバーが“真のチーム”になるプロセスをリードしていると、こちらまでワクワクしてきます。

さて、三年目。どのような成果をみなさまと一緒に創り上げるでしょうか。

 

 

対話に『構造』を創り出す

構造的に対話することは、ビジネスコーチングの要です。

相手に何が起きているのかを、五感をフルに働かせてキャリブレーションする。そして、適切なフレームをベースに対話をリードします。

クライアントが話す内容は、とっ散らかって当たり前。。。なので、フレームワークが重要になるんです。

今、相手が話してるのは何の話か・・・話している内容、つまりコンテンツを個々のフレームに入れながら進めます。

これって、部下育成においても重要なんですよね。

話している内容が堂々巡りで、時間だけは過ぎていくのに今後の方向性がまったく見えない・・・なんてことはなくなります。

トレーニングでお会いするみなさまには(テーマにもよりますが…)、実際にフレームワークを体感いただくことで、そのメリットをご理解いただいています。

“目標” その先にあるもの

今月、あるいは今期、今年度…ビジネスパーソンは『目標』を掲げて、仕事に取り組んでいると思います。例えば、営業職では、「成約○件」「売上○○○万円」「粗利益○%」といったように定量的にセットしますよね。

am500_pl074

目標を達成することは、とても大事なことなのですが、忘れてはならないのが、『何のための目標か』ということです。言い換えると『仕事の意義』そのものでしょうか。

目標を達成し続けた時に私たちが手に入れるものは何なのか。自分自身やチームは?お客様はどうなっている?家族にとっては?など…明確にイメージ出来れば出来るほど、推進力が増しますよね。

私も時々立ち止まって、考えています。

ポジティブ・ワードの効果

人は、日頃から使っている言葉の影響をかなり受けていますよね。ネガティブな言葉をよく使う人は、振る舞いもどこかネガティブ…。あるいは、ここぞというときにアクションにつながらない。

私が勝手に決めつけている三大ネガティブワードは “苦手” “できない” そして、“むずかしい”

私は、いつの頃からか『苦手』という言葉を使わない、と自分にコミットして生きてきました。一旦、使わない(!)と決めるとなんとかなるもんですね。今まで「~が苦手で…」と表現していたことを、どう言おうかと考え出すわけです。

「もっと良くなれる…」「まだまだ伸びしろがある…」などなど。ちょっとした表現の違いですけど、表現を変えるだけで、なんというか“取り組む意欲”のようなものが出てくるのが不思議です。

ですので、個人でも組織の目標設定や標語なども、できるだけ肯定的な表現にしたいものですね。

「~をしない」「~を止める」などの表現は、意識レベルではわかっていても、無意識はネガティブな方向に向かっていくような気がします。

アドバイスするときは

以前、アドバイスに関して少しだけ触れました。今日はもう少し深堀してみたいと思います。

アドバイスって、いいですよね。たとえば職場で、部下がHowに悩んでいるときに上司がアドバイスすることで、部下の選択肢が広がり、ともに難局を乗り越えていく…とても素敵なことだと思います。

ただ、アドバイスするときに少しだけ注意することがあります。アドバイスとは、言ってみれば「(あなただったらできる)あなたの意見」です。

部下が上司からアドバイスをされたとしましょうか。このとき部下の内面では何が起きているんでしょうか。「はい、わかりました!」と言って、忠実にアドバイス通りに行動する。

ただ、自分の思考回路をほとんど動かさないリスクがあるんですね。この関係性が何度か続くと『上司がアドバイスをしてくれる』構造に慣れきってしまうんです。

さらに、アドバイスを受け入れた後、やってみてうまくいくケース、あるいはうまくいかないケースがありますよね。

うまくいったときは「この上司の言うことを聞いておけば失敗しないんだ」という依存的な安心感を手にすることが多い。

一方、うまくいかなかったときはどうでしょうか。「なんだよ、言うとおりにやったのにうまくいかないじゃん!」となる場合も…。これだと、まったくの“他責”ですよね(笑)。

ということで、アドバイスの中身そのものをサンドイッチにして伝えてみましょう。どっても簡単です。

———-

1.宣言する 『アドバイスするよ』『オレの意見を言うよ』

  ↓↓↓↓↓

2.アドバイスする 『(アドバイスの中身そのもの)』

  ↓↓↓↓↓

3.ボールを相手に渡す 『活かせるところある?』『君がやるとしたらどうする?』など

———-

よかったら試してみてくださいね。

 

コーチが充分な状態でないと・・・

以前のブログで、コーチができるだけ“『リソースフル』な状態を創り出しておくこと”というお話をしました(ブログ:クライアントの世界への『介入』)。

『リソースフル』とは良い状態、充分な状態なことですね。

では、コーチが充分な状態ではないとしたらどうなるんでしょうか・・・。

恐ろしいことに、無意識のうちにクライアントからエネルギーを奪おうとしてしまいます。あるいは、自分の中の満たされない部分をクライアントからの賞賛や承認で満たそうとします。「すごいですね~ぇ!」と言われようとする振る舞いをしちゃうんですね。

クライアントにとって、これほど不幸なことはありません。

ですので、普段から自分自身の存在を肯定的に受け止め(自己肯定感)、自分のことを認めてあげて(自己承認)、精神的にも肉体的にもリソースフルでいることです。これって、部下に関わる上司、あるいはさまざまな人間関係においても同じことが言えると思います。

コーチとしての『あり方』は、どのようなスキルよりも最優先されるもっとも大切なものなんですね。

相手の可能性を本人以上に強く信じる

前回は、「介入」することについてお伝えしました。今日はそれにも関連のある話をしてみたいと思います。

さて、みなさんが部下やクライアントにコーチング的な関わりをするときに、相手の前進や成長を、本人以上に強く信じることができるでしょうか。

『人には無限の可能性がある。』

本物のコーチは、部下やクライアント本人よりもはるかに強く(!)、相手の可能性を信じ続けます。その不動の信念(覚悟と言ってもいいでしょうね)があれば、強めの介入も可能になり、結果として相手を“健全に”エッジに立たせることができるので、アイデアやアクションを引き出すことにつながっていくんですね。

ですので…

「何か助言を与えなければ…」

とか、

「彼(彼女)の問題を解決してあげなければ…」

といった考え方から、解放されて自由になる必要があります。

これができないと、自分自身の体験からくる“あなたのアイデア”を安易にアドバイスしてしまいます(アドバイスがよくないと言っているわけではないですからね)。結果として、クライアントや部下の意識は一向にシフトしないんですね。

クライアントの世界への『介入』

コーチにとって、コーチングとは、「相手(クライアント)の世界に『介入』すること」とも言えます。これをすることなしに、一見、気の利いた質問をいくら投げかけたとしても、成果は一向にあがりません。表面的なやりとりに終始してしまうんですね。

例えば、コーチング・セッションの冒頭にクライアント自身が「これがテーマです」と話してきたことと、実際のテーマが違っていた…あるいは本質的なテーマが隠されていた…などということは、日常茶飯事なんです。

だから、コーチは『本音を語れ』と相手の無意識に要求するわけですね。そのためには「本音を話してもいい」、言い換えると、「このコーチになら介入されても構わない」と無意識レベルで感じられるような存在でいる必要があります。

それには、コーチができるだけ『リソースフル』な状態を創り出しておくことです。精神的にも肉体的にもコーチング・セッションを行うのにふさわしい状態、つまり“良い状態”でいるということが大切ですね。

がんばれっ、ライン課長!

これだけ変化の激しい時代です。予想しきれなかったことも頻繁に起きるでしょうし、ひとりひとりの社員の価値観だって多様化して当たり前ですよね。

そんな中、成果を出し続けるべく頑張っているライン課長の方は、特に大変だと思います。

最近の傾向として、年上の部下への対応、モチベーションがないわけじゃないんだけど、小さくまとまっているように見える中堅社員、(上司から見ると)考えていることがよくわからない若手社員(単に上司が、価値観を受け入れていないだけのケースも多いんですけど…)、などで悩んでいる方が多いように感じています。

でも、そういうマネージャーさんとセッションをすると、みなさんうまくいくためのリソースはすでに持っているんですよね。気づいていないか、あるいは可能性に自らフタをしているだけなんです。

もともと能力がある方ばかりなので、コーチが強めの介入を続けると、どんどん気づきを得て、後半は自分自身で意識がシフトしていくような展開もよくあります。

彼、彼女らが、セッションの会場を出るときの変化…表情や姿勢、声の力強さなどが確認できると、こちらもエネルギーをもらいますし“コーチとして貢献できたんだな…”と豊かな気分にもなります。

ビジョン・コーチングの勧め

人は、未来のことを考えるときに、どうしても過去に体験してきたことの延長線上で考えようとします。

この反応って普通ですし、とてもよく分かります。

そして、その体験の積み重ねが、その人の“パターン”をつくり出しているんです。

だから、ある程度未来も想像ができちゃうんですね。簡単に想像できる未来を描いて、ささやかな安心を手にするんです。

でもね…そこにワクワクするような未来はないんですね。なので当然、意識や振る舞いがシフトすることもほとんどない。

一度きりの人生なんですから、高いところにビジョンを掲げたいものですね。そして、そこに向かうストーリーを楽しみながら考え抜くのって素敵なことです。

一旦ビジョンができると、意識や行動も驚くほど変わります。しかも自然に。それに、意思決定する場面でもブレなくなるんですね。

なぜかって、答えは簡単!

できごとが自分のビジョンに沿っているかどうかを考えるだけで済むからです。これって、とても楽なことですよ~ぉ(笑)

ビジョン・コーチングは、あなたの前進を強力にバックアップします。