“完了”することの大切さ

ものごとを“完了”することって、とっても大事なんです。

では、完了するってどういうことでしょう???

自分の体験やできごとにきちんと『意味付け』ができて、健全に未来に向かえることなんだ、と私は思っています。

経験上、過去に“未完了”を抱えたままで、そこに向き合っていないクライアントの方は、比較的表面的で『頭で考えた』コメントが多くなる傾向があります・・・。

 プロコーチとして、それを適切にキャッチできるか?・・・が、セッションの成果を大きく左右するわけなんですね。

ビジョン・コーチングの勧め

人は、未来のことを考えるときに、どうしても過去に体験してきたことの延長線上で考えようとします。

この反応って普通ですし、とてもよく分かります。

そして、その体験の積み重ねが、その人の“パターン”をつくり出しているんです。

だから、ある程度未来も想像ができちゃうんですね。簡単に想像できる未来を描いて、ささやかな安心を手にするんです。

でもね…そこにワクワクするような未来はないんですね。なので当然、意識や振る舞いがシフトすることもほとんどない。

一度きりの人生なんですから、高いところにビジョンを掲げたいものですね。そして、そこに向かうストーリーを楽しみながら考え抜くのって素敵なことです。

一旦ビジョンができると、意識や行動も驚くほど変わります。しかも自然に。それに、意思決定する場面でもブレなくなるんですね。

なぜかって、答えは簡単!

できごとが自分のビジョンに沿っているかどうかを考えるだけで済むからです。これって、とても楽なことですよ~ぉ(笑)

ビジョン・コーチングは、あなたの前進を強力にバックアップします。